<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

紅葉を求めてプチお出掛け

小春日和の半日 連れ合いとお隣の県石川県小松市の 那谷寺(なたでら)へ 1時間のドライブ
那谷寺は白山信仰の寺で、養老元年(717)越の大徳泰澄神融膳師によって開創されました。
広い境内には金堂・庫裏書院・奇岩遊仙境・三重の塔・などがあり 森の中の自然の曼荼羅の寺院として大切に守られております。
紅葉が見頃との情報がテレビで流れ大勢の人が見物に来てました。
時間がある時にデジブックにしたいと思いますが 一部ですが見てください。
e0085772_22281265.jpg
e0085772_22283599.jpg


来週は12月玄関ホールをクリスマスバージョンに模様替えしました。
e0085772_22323199.gif


今日のおやつは 大きなドラ焼 粒餡がはみ出てます。甘さを抑えてありました。
e0085772_22354429.jpg


久し振りに頭のパズルです。
e0085772_2311577.jpg

赤タマネギとそら豆の定植も済ませて 今日も良い一日でした。
先ほどから雨の音が聞こえてます。
[PR]
by asayannj | 2009-11-27 22:45 | 生活 | Comments(18)

11月の色々

11月のブログは殆どが東北旅行で終わりそうですが実は色々ありました。気がつけば11月も後半に・・・
月初めは公民館ふれあい祭りで パソコンクラブとパッチワークの自主グループに所属してる私も展示会で作品を出しました。
畑のほうは11月中ごろまで採れ続けたナスとピーマンの始末をして 夏の野菜は全て終わりました。
22日はタマネギ苗の定植 種から育てたのですが細い苗で何とか120本程植えましたが まだ赤タマネギの定植が済んでません。

公民館ふれあい祭りの様子です。
e0085772_2229385.jpg
e0085772_223052.jpg


デイホームは干支作りのボランティアへも4回出かけ今月は疲れた。パソコンクラブも毎週出席
パッチワークは連休と重なったり先生の都合で11月はお休みでしたが 4会場で展示会を見てきました。
ここの会場の作品はレベルが高く見応えがありました。一部だけですが
e0085772_22365476.jpg


我が家では冬の花山茶花や秋のコスモス、天人菊、小菊に混じって夏の花ヒャクニチソウ、センニチコウの中に 春に咲くシャスターデージが何故か咲いてます。
e0085772_22415878.jpg


大好きな越前水仙も咲きだしてます。今年は花芽が沢山付いて嬉しい♪
e0085772_22484560.jpg


今日は今月最後の干支作りのボランティアが午前中ありました。午後は連れ合いとお隣の石川県へ紅葉を見に出かけました。暖かい日でしたが 夜になって雨となってます。雨は明日の朝まで 日中は晴れになるそうです。
[PR]
by asayannj | 2009-11-24 23:09 | 生活 | Comments(14)

東北フルムーンの旅 4日目&最終日

寒さに耐え切れず遂に炬燵と蓄暖器の登場になった我が家 来年の5月まで
炬燵の生活 炬燵派が約一人いて来年の5月まで炬燵の生活 私的にはちょっとうんざりです><
今日は広い範囲で雲に覆われてますが 冬型の天気が 和らいで薄日も射して 
比較的暖かい日になってます。

東北フルムーンの旅がまだ続いてましたが 今日で終わりになります。
しばらくお付き合いくださいね。
さて4日のホテルは男鹿半島 戸賀温泉の純和風ホテル。露天風呂からは日本海を客室からは 
戸賀湾眺められる高台に位置した 海と入り陽のホテル帝水です。

夕食は参加者全員で広間で 18名のゆったりとした食事でした。
女将さんのご挨拶や 料理の紹介などがありました。
e0085772_1195356.jpg
e0085772_11103633.jpg
e0085772_11122756.jpg

↑男鹿名物「石焼料理」
日本海の海の幸と採れ立ての野菜を桶に入った水に入れ 1000度に熱した石を入れ
沸騰させる、ダイナミックな漁師料理。香ばしい味噌の香りと旨みが口いっぱいに広がりました

動画でご覧下さい。




部屋に戻ると布団の枕元には別に寝巻きの浴衣が用意されてました。今まで200回以上は温泉へ
行ってますがこのようなサービスは初めてでした。和倉温泉「加賀屋」でも無かったです。タオルを入れる袋も和柄で防水になって男女色違いで用意してありました。こんなのも初めてでした。夕食後はロビーで女将さんの三味線ライブがあり トークや民謡でおもてなし 民謡のリクエストにも応えてました。
e0085772_11271813.jpg


ホテルを後に今日の観光は「なまはげ館」と「なまはげ伝承館」の2箇所
男鹿半島といえば「なまはげ」 隣り合わせとなってる2箇所へ
「なまはげ館」では市内や句60地区で行われている、様々な面、衣装などの実物展やしきたりの
様子の説明。なまはげ伝承ホール、神秘のホール、なまはげ変身コーナー、売店などがあります。

「なまはげ行事」毎年、大晦日の夜に男鹿半島のほぼ全域で行われる なまはげは、真山、本山に鎮座する
神々の使者として信じられており、年に一度各家庭を巡り、悪事に訓戒を与え、火災を祓い、祝福を与えながら、「怠け者はいねが」と練り歩く、古くから伝統を受け継ぐ民俗行事です。昭和53年に「男鹿のナマハゲ」の
名称で国重要無形民俗文化財に指定されてます。
どちらを向いてもなまはげです!!
e0085772_11531144.jpg


「なまはげ伝承館」ではなまはげの風俗を聞いたり なまはげの登場で家の主との問答や家の中を
探す様子が繰り広げられました。大人ばかりでしたので笑いながら見てましたが 子供だったら
怖いですね。
e0085772_11593381.jpg


なまはげ観光を終えて 秋田名産物のお買い物そのごJR秋田駅へ 1140kmを安全運転で走ってくれたドライバーさんと美人のベテランガイドさんに見送られながら駅へ。秋田新幹線で盛岡への車窓からも紅葉が見送ってくれました。
東北新幹線・東海道新幹線・北陸線へと乗り継いで我が家へと5日間のフルムーンの旅が
終わりました。
e0085772_12494591.jpg

そして添乗員は若い女性でしたがとてもよく気のつくしっかり者さん。
最後にこのような手書きの証明書を渡してくれました。記念になります。
e0085772_12523782.jpg

つましい年金生活者の我が家には分不相応な旅でしたが 思い切って行かないと
チャンスが遠のくような気がしたのです。今度は九州へ行ってみたい!!そんな望みを持ちながらの
生活を送りたいです。
下手な旅行記のブログで長くなりましたが お付き合い下さってありがとうございました。(完)
[PR]
by asayannj | 2009-11-20 12:01 | 旅行 | Comments(20)

東北フルムーンの旅 4日目②

11月も中旬なり 北陸は晴れたり曇ったり雨だったりの繰り返しの
愚図ついた北陸特有の日になって 終日晴れの日は貴重な日です。
今日も晴れたり曇ったりはっきりしない日です。
 
東北旅行の続きです。前回は竜飛崎を後に小泊へでしたね。
今日はバスは十三湖
海水と淡水が入り混じった汽水湖です。しじみ漁で有名な湖です。
e0085772_13293976.jpg

写真(3枚目)に写ってるお姉さんが「何処から来られた?」「福井ですよ」そんな会話をしてると
姉が福井に結婚して住んでるとのことで 来年福井へ子供と恐竜博物館へ行くと言ってましたので
第3日曜日は入館料タダですよの情報を。乾燥しじみの試食を沢山サービスしてくれました!(^^)!
お食事は勿論「しじみ定植」タップリしじみが入った汁は格別の味。しじみラーメンが有名
ラーメンも食べてみたかったけれど これ以上はお腹に入りません。
そしてなんとサプライズ@@ 丁度この週はNHK総合テレビ「ふるさと一番!」(12:15分~45分)が青森県からの生中継でここ十三湖からのしじみ漁の放送でした ご覧になった方はおられますか?
食事の場所からは見ることは出来ませんでしたが good timing♪
e0085772_13451858.jpg


心地よく膨らんだお腹でバスの中はお昼ねタイムでゆっくりくつろいで 次の五能線の駅「鰺ヶ沢」へ
五能線   海の青、夕陽の赤、山の緑、実りの黄金色。のんびり列車の旅をめいっぱい満喫できます。
波打ち際ぎりぎりに走る、JR五能線は、秋田県東能代駅から青森県川辺駅までの全長147.2kmのローカル線です。世界自然遺産に登録された白神山地、奇岩の続く日本海、津軽富士、岩木山やりんご畑・・・・四季折々の風情ある沿線の景色を眺めながら、のんびり列車の旅を楽しみたい方におすすめです。
             鰺ヶ沢駅から深浦駅まで約55分の列車の旅。「リゾートしらかみ」に乗りたかったけれどローカル列車でした。地元の人が次の駅を過ぎるとこのような景色が見えるとか 日本一大きなイチョウの木があるとか色々教えてくれこれもまたローカル旅の良いところ・・・・
デジブックでご覧下さいね。

Published by デジブック


深浦からは国道101号線を青森県とお別れして秋田県男鹿半島へ向かってバスは ひた走り 
車内では日本海に沈む夕陽がず~っと見えて綺麗でした!(^^)!
(10月12日までの出発ツアーは白神十二湖も散策コースに入ってましたが 冬期のため中止)
e0085772_1421261.jpg

4日目の宿は男鹿半島の山中にあり 着いたときはすっかり日も暮れて真っ暗でした。18:20着
この旅館でも楽しい食事がありました 続きは次回にさせてください。

Moreすっかり秋ですね♪
[PR]
by asayannj | 2009-11-16 14:42 | 旅行 | Comments(22)

東北フルムーンの旅 4日目

昨日までは小春日和の日が続いてましたが 今朝は北風がピューピユーとサブ~><
午後からは風も止んで陽射しがみえるようになりました。ホッ♪
東北フルムーンの旅を復活します。またお付き合いくださいね。
今日は4日目です 昨夜は部屋食でゆっくりして疲れを温泉で癒し 爆睡zzzzz・・・・
朝ご飯は広間で用意してありました。
e0085772_14393551.jpg

e0085772_14402155.jpg
↑刈り取られた稲束が
面白い形で干してありました。これは戦の時に兵士が大勢いる様に見せかけた名残が続いてるそうです。人間の高さなので作業もし易いそうです。人間に見えますね。
バスは浅虫を出発して青森市内の中心地のねぶた祭りが行われる大通りや 県庁?市役所?
(どちらか忘れた)の前や青森ベイブリッジを眺めながら 一路竜飛岬へ走ります。


「よもぎだ」という道の駅で休憩後は 竜飛岬灯台へ お天気が良くて展望所からは下北半島や北海道が見えました。
e0085772_14433117.jpg

ここには日本では唯一の階段国道があります。国道339号線。岬の近くから下まで下りました。階段は362段途中にも階段国道の標識があり見晴らしも良いです。下のほうは民家の軒下をかすめるように道は続いてました。勿論車やバイクは通行できません。回り道があります。
e0085772_1452198.jpg


階段国道から下りてバスは小泊へ向かって海岸線と紅葉の山並みを見ながら走ります。車内でガイドさんの
ねぶた祭りの掛け声「ラッセラーラッセラーラッセラッセラッセラー」に和みました。
車窓より眺める紅葉がなだらかで綺麗!!
e0085772_1521920.jpg


この後昼食の十三湖へと進みますが 続きは次回にさせてくださいね。
[PR]
by asayannj | 2009-11-12 15:14 | 旅行 | Comments(16)

秋の夜長を美味しく

東北フルムーン旅行をひと休みして 幼馴染4人と夕食会へ行ったことを
町内から出た人がお寿司やさんを営んでおられて その方は1学年上 幼馴染が誘ってくださって夕食会。
大将はお寿司 日本料理を修行された息子さんと二人で料理を作っておられ 高級食材の珍味を頂いて口福な秋の夜 昔話に大いに盛り上がりました。
e0085772_2232637.jpg

ハートの1=季節のお寿司6貫 ①アジ酢〆(とび子) ②平目と湯葉の東寺蒸し ③だだみのポン酢和え
④季節のお作り ⑤のどぐろの塩焼き ⑥無花果コンポート

6日は日本海の冬の王者 越前蟹の解禁日 お天気も安定してる今は価格も安定してます。 今日は雌のせいこがにを買って今年の初物を頂きました。
ううん~~うまいっす!(^^)! かにを食べる時は静かです 黙々とひたすら飲んで食べました。
都会に本社のある社長さんが やたら福井へ出張に来たがる季節です。
e0085772_22551812.jpg


前後しますが イチョウの黄葉を見てきました。2kに渡って並木が続いて 見頃でした
銀杏を拾ってる方も居ました。最後の赤い実はピラカンサス びっしりと重そうです。
e0085772_22582147.jpg


畑のこと・・・・先日定植した豌豆苗もしっかり根付いてます。今日はスナップエンドウを定植をしました。
水菜もフサフサになってる~(^_^.) ナスがまだ収穫できます。秋茄子が美味しいよ~♪
e0085772_2345999.jpg

[PR]
by asayannj | 2009-11-09 23:15 | お出掛け | Comments(20)

東北フルムーンの旅 3日目

11月になって急に寒くなりましたが ここ2・3日は暖かい日になってますね。
東北旅行忘れないうちに投稿しなければ・・と気は焦りますが。雑用に追われて
思うように進まない・・・・パソコンクラブ・デイホーム・お友達と夕食会
お天気の日は畑仕事が待ってる今日は豌豆の定植が終わりました。

さて今日は3日目です 旅行も中日そろそろ参加者間の会話がみられるようになりました。
朝まんま(朝食)はバイキングでしたが 従業員の応対がてきぱきと サービスもよく
メニューも豊富で美味しく頂きました。この旅館の売店では ハーフサイズの牛乳を買った
だ><(ケチでした)。確か110円?これが濃厚で美味しい!!
最初の観光の恐山へ カーブの多い山道をバスは走る 車窓の両側は一面の紅葉が広がってます
青森ヒバの真っ直ぐに伸びた常緑樹が紅葉に映えて一段と目立ちました。
恐山は日本三大霊場の一つ(後二つは高野山・比叡山)で10月末で一般のお参りは終わりです。
紅い太鼓橋の下は三途の川が流れてます。訪れる人も少なく静です。山門を通ると 写真は撮っては
ダメとのことで写真はありません(霊を持ち帰る)地蔵殿に「亡くなった人の名前を言って(心の中で)会いに来ました」といってお参りをして順路に沿って進みます。無間地獄・覚善大師堂・千手観音・戦没者慰霊の碑・
水子供養・塩屋地獄・延命地蔵尊・○○地獄と名の付く不気味な参拝所が幾つかありました。
しかし宇曽利湖に面したところは極楽浜といって 白い石と砂と周りの山の紅葉のコラボがさながら極楽とは
このような所?と思わせてくれるような美しさでした。兎に角石や砂は絶対に持ち帰ることはしないようにと
ガイドさんからも言われました。霊が付いて体の具合が悪くなったり・運に見放されるそうです。
個人で来られてた方が写真をジャンジャン写してましたがどうなるのでしょうか・・・・・
参拝が終わって出るときも「それでは私はここで帰ります」と言うようにと説明がありました。
イタコは祭礼の時だけ居られるそうです。詳しい説明と写真はリンク先でみて下さい。
e0085772_229222.jpg


佐井というところで「ほたて味噌貝焼き料理」の昼食後は 佐井港より「仏ケ浦遊覧」台風20号の北上で乗船が心配だったが波も穏やで船長の判断で遊覧船も運航。ラッキーでした!(^^)! 凄い高速船で揺れが激しく船の天井までしぶきを舞い上げて走り写真も撮れません。およそ2kmに連なる奇岩を洋上より見物。30分ほど揺れて仏ケ浦のメインで上陸見物。奇岩が仏像仏具を想わせ、如来の首・十三仏・五百羅漢・一ツ仏・観音岩、極楽岩・地獄岩など仏の名に呼ばれていることが仏ケ浦の名前の由来。
e0085772_22303067.jpg

動画もご覧下さいね。約1時間半の遊覧でした。

そして大間崎へ 「本州最北端の地」で本マグロの一本釣りで有名な所です。北緯41°33′北海道・函館が
見えましたよ~♪(函館までは17.5km) 灯台の白黒のボーダーが珍しい。白一色だと雪で判断できない場合があるそうです。ウミネコがのんびり羽を休めて愛嬌がありますね。
e0085772_2244377.jpg

e0085772_1563339.jpg

バスはマサカリの形をした下北半島を青森市へ。右手に陸奥湾を見ながら浅虫温泉へと走り 3日目の宿
浅虫観光ホテルへ 長距離の移動でチェックインが6時40分 今夜は部屋食で二人きりのゆっくりした夕食でした。料理の内容は3回の夕食の中では一番イイ・・・新鮮な魚・山の幸や季節の趣向を凝らした料理がこれまた食べきれないほど・・・写真は省かせていただきます。部屋からは陸奥湾の眺望がサイコウでした。
ロビーにはねぶた祭りの飾り物が展示してありました。
続きは次回に・・・
[PR]
by asayannj | 2009-11-06 23:35 | 旅行 | Comments(18)

東北フルムーンの旅 2日目

今日は午前中は暖かかったですが 午後から急に雨交じりの風が強くなってます。
風の音が寒そうで北陸の冬も間近です。北海道では雪が降ったニュースがありましたね。

だらだら綴ってますので 斜め読みでも構いませんよ。 
東北旅行2日から観光が始まります。天気は小雨時々曇り。まず国道106号線を宮古市へ向かってバスは走ります。車窓より両側の山並みや渓流の紅葉がすごく綺麗だったり 刈り取られた稲のはざ掛けの風景も
至る所で見掛け懐かしい風景でした。
e0085772_1441525.jpg

大型バスの座席は一応添乗員さんが日替わりで貼り出してありましたが、18名の参加なので自由席が多く余って それぞれ好きな座席へ。
話は戻ります 途中2ヶ所の休憩があって 最初の観光地「浄土ヶ浜」へ
浄土ヶ浜・・・・・岩手県宮古市にある海岸。陸中海岸国立公園に属し、三陸を代表する景勝地。白い岩と白い小石が綺麗です。波穏やかで清明な入り江が 霊鏡和尚が「さながら極楽浄土」と称えたのが名前の由来です。
小雨が降って海の色も空の色もグレーで墨絵の如き 静かな入り江は美しい。
メインを20分程の観光でした。
e0085772_13591777.jpg


バスの中で昼食を配られ(イチゴ煮弁当)次の観光地へ着くまでに済ませて。北山崎へ 
北山崎・・・・陸中海岸の中心的スポット。200mの切り立った断崖が8kmに渡って連なる様子を展望台から見学 圧巻でした。波打ち際まで遊歩道がある。6月には海岸では珍しい「シロバナシャクナゲ」が清楚な
花を咲かせます。アジサイの花がまだしっかりと色が残って綺麗です。車窓よりも民家の庭ではアジサイと
菊の花が一緒に咲いてのを何度も見ました。
e0085772_14185077.jpg


さぁ~次はお楽しみ(^_^)v 三陸鉄道北リアス線に乗るため 田野畑駅へ。宮古~久慈間運行
駅名<カンパネルラ・田野畑>の由来 カンパネルラは宮沢賢治作銀河鉄道の夜の主人公 ジョバンニの友人の名前です。カンパネルラは弱いものを助けて 強いものに立ち向かう勇気のある少年です。これは田野畑が生んだ百姓一揆の指導者たちに イメージが重なり これからもこのような人材が村から多く出ることを願って愛称になりました。
古い小さな駅舎には観光客を和ませる暖かい雰囲気がありました。
2両編成で1両目が観光客仕様に レトロな車内はおしゃれです。運良く貸切状態で乗車景色の良い席を確保して珍しい乗り物に乗って子供のようにはしゃぐジジ・ババがおりました。
 次の駅からは2つの団体が乗車してラッキーな我々でした。
駅や車内の様子はデジブックでまとめましたので 興味のある方は見てくださいね。


終点久慈駅には14:41分着 待機のバスで九戸IC・三沢ICを通過し2日目の宿三沢市の古牧温泉
青森屋へ 兎に角大きな賑やかな旅館 迷子になりそう・・・泉質は昨夜と同くアルカリ性 単純温泉 神経痛や疲労回復に効果あり。
庭園の池に浮かぶ露天風呂・内湯は総ヒバ造り。青森ヒバの心地よい香り、肌触りにウットリ・・・
食事は「みちのく祭りや」で 青森の熱い祭りを「見て・聞いて」体感する」ショーレストラン。青森を代表する3つの祭り「八戸三社」「青森ねぶた」「弘前ねぶた」の山車が一同に集結。南部民謡・津軽三味線の生演奏最後はお客さんも交じって踊ってました。私は踊りは好きではないので遠慮しました。
e0085772_1525094.jpg
e0085772_15254090.jpg

料理の中で美味しい~と思ったのは「せんべい汁」でした肉や・魚・野菜やきのこなどでダシを取った汁の中に南部せんべいを割って入れる郷土料理。初めて食べたので新鮮でした。濃厚な味~~
今日も沢山の写真となってしまいました。最後までありがとうございました。
次回へ続きます。
[PR]
by asayannj | 2009-11-02 15:41 | 旅行 | Comments(26)

野菜作り、お花、パッチワークとお出掛け大好き!!田舎くらしの中で感じることを気の向くままに


by asayannj
プロフィールを見る
画像一覧