<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

丸岡城

北陸にしては珍しく暖かい日が続いてます。コート無しでも寒くありません。師走が目の前に迫って来ました世の中が慌ただしくなりますね。
昨日は娘と二人で デパートや周辺のお店で洋服を見て 子どもたちに邪魔されずゆっくり時間を掛けてショッピングしてきました。

今日は約30年前に買ったミシンが動かなくなって 購入した鯖江市にあるお店まで行ってきました。当時の社長さんは88歳になられてお店にはおられませんでしたが息子さんのお嫁さんが懐かしく応対してくれました。新しいミシンを買ってもいいのですが 愛着があるので直るものならまだ使いたいです。

27日の日曜日は丸岡城の紅葉を見てきました。「日本桜名称百選」に認定されています。 桜の満開の頃には花の中に城が浮かんで見えることから霞が城の別名も付いてます。桜の時期には何度も行ってますが晩秋のお城もいいものですね。
丸岡城
丸岡城を初めて築いたのは柴田勝家の甥、柴田勝豊。天正4年(1576)豊原より丸岡に移り築城し、4万5千石で入城しました。
現在の丸岡城は、濠は大正から昭和初期に掛けて埋められ、本丸の天守閣と僅かに石垣を残し、城周辺は霞が城公園となっています。
古風ながらも野面積みの石垣の上に建つその天守閣は、国内に現存する12の天守閣のうち、最古の建築様式を有するものです。
e0085772_18304059.jpg

霞が城公園はモミジが綺麗でした。
e0085772_18393322.jpg

e0085772_18384714.jpg
e0085772_18361728.jpg

一筆啓上書翰碑
天守閣石垣のそばに、「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の書翰碑が建てられています。この手紙文は、徳川家康譜代第一の功臣で鬼作左の勇名をとどかせた本田作左衛門重次が、陣中から家族宛に書き送ったものです。文中のお仙とは、後に丸岡城6代目城主となる本田成重幼名仙千代のこと。
この石碑が縁で日本一短い手紙文の一筆啓上賞の始まりとなりました。

e0085772_1857257.jpg


e0085772_18595142.gif


丸岡城を後にして 同じ坂井市の三国町へ先週のカに祭りに続いて再び行ってきました。
カには食べ飽きたので(大嘘です><) 干しカレイを買ってきました。分厚い身で一枚で十分お腹が膨れます。娘の分も買ってきました。
e0085772_19879.jpg

かつての北前船で栄えた港町 町の中には当時の繁栄の姿が残ってます。写真は町外れのお蕎麦やさんで
お蕎麦を食べましたが 個人の玄関先にも趣がありました。
e0085772_19133383.jpg

[PR]
by asayannj | 2011-11-29 19:33 | お出掛け | Comments(18)

文化祭とかに祭り

   ☆11月24日☆
昨夜は大きな雷が何度か響き渡り いよいよ北陸の冬の到来です。
霰が降ったり霙だったりと雪こそ降りませんが今朝も鉛色の厚い雲に覆われて 冷たい雨が降ったり 薄日が射したりと5分おきに天気が変る北陸特有の空です。

11月13日に地区公民館の ふれあい文化祭 があり パッチワーク教室も
日頃の作品を展示しました。
今年のわが教室のフレンドシップキルトのテーマーは 「グランドマザーズファン」写真下から2番目の縦長の作品です。
e0085772_104127.jpg

A4の写真用紙に展示した作品をアルバムにして仲間に渡す仕事も毎年私の役目。記念になると喜んでくれます。

パソコンクラブでも作品を展示しました。私は旅行と九頭竜湖の紅葉写真2枚と クラブで習ったものを展示。書道、水墨画、パーチメントクラフト俳句、絵手紙、趣味仲間などの作品やステージでは童謡、よさこい、演劇、カラオケ、フラダンス、和太鼓などの発表、外ではテントの中で野菜即売、バザー、焼き鳥、焼きそば などなど盛り上がった公民館ふれあい文化祭でした。

こちらは20日に行った 「三国温泉かに祭り」です。土、日の2日間朝6時~午後4時まで美味しい越前ガニが市販の価格より2~3割安く買えるとあって激込みでした。それでも高い><小さいセイコで我慢でした。一人2杯食べて満腹でした。
お買い上げの金額で抽選券がもらえて 私も参加しましたが 全てハズレ。
3等~1等に当たったのは全て県外の方で 三国の良い印象が残ってよかったと思いました。
石川県、岡山県、愛知県の方が当たりました。無料のガザエビ汁には 長蛇の列300食が振舞われました。私と連れ合いはパス。何方か二人に食べてもらいました。というより並ぶのがイヤだっただけ。
e0085772_10183939.jpg


こちらは頂き物のキウイフルーツ
e0085772_10275843.jpg

お菓子  お隣の鯖江市にある和菓子やさんのもの。河和田漆器とめがねフレームで有名な市です。
e0085772_10301895.jpg
e0085772_10304035.jpg



外が賑やかだと気がついたら 霰が降ってます。明日は雪の朝になるそうです。
そうそう炬燵も出しましたよ~♪部屋が狭くなる、掃除に手間が掛かる、埃が出る 入ったら動くのがね~私は嫌いです。
[PR]
by asayannj | 2011-11-24 11:00 | 地域 | Comments(20)

濃霧の朝

  ☆11月17日☆ (晴れ)
朝7時52分の外は濃い霧が立ち込めてました。昨夜の天気予報では 快晴058.gif
洗面所と脱衣所を大掃除して 10時近くに外へ出ると見事な青空になってました。
足元へ目をやると「鳳仙花」がまだ咲いてます。大きな種の袋 触るとポンと種が飛び出します。越前水仙の花芽も膨らんでます。
午後は寝室のベットを移動して連れ合いと大掃除をします。言い出したのは連れ合い大いに動いてもらいますよ~~。
e0085772_10581727.jpg


さて旅行の続きです。随分前に行ったような気がしますが まだ1ヶ月も経ってないのです。
ブログの更新が滞り長く掛かってしまいましたが 今回で終わりです。
旅行最終日は上高地観光です。 20年ほど昔に連れ合いと白骨温泉へ行った折に 一度行ってますが 駆け足での観光でかっぱ橋以外は余り覚えてなかった。

3日の宿は斑尾温泉の高原リゾートホテルでした。夕食は 和食と洋食のどちらかを選べたので和食にしました。場所はお食事処で 吟味したものが出てゆっくりと味わうことが出来ました。お部屋はベットルームでしたが 前日とは大違いで広くてアメニティも充実して快適でした。
e0085772_11133112.jpg
e0085772_11135641.jpg


ホテルから途中休憩を挟みながら 上高地へ
平日だったのでバスは直接上高地のバスターミナルまで行けました。
快晴の元大正池や河童橋など3時間の自由時間があり で五千尺ホテル特製お弁当を好きな場所で
食べながらタップリ散策できました。山岳地の気候 3時間の間の快晴はとても珍しいことらしいです。
穂高岳、焼岳などの北アルプスの秀峰に囲まれた上高地。明治20年代に登山家のウォルター・ウエストンの著作「日本アルプスの登山と探検」によって世界に紹介されてからは、日本を代表する山岳リゾートとなった。梓川にかかる河童橋周辺が上高地のハイライトスポット。
e0085772_11275133.jpg

e0085772_11292126.jpg

e0085772_11304130.jpg

e0085772_11312388.jpg


前回の投稿日から今日までの間には公民館ふれあい文化祭があって 展示の準備や当日の参加 パッチワーク教室・仲間とのランチ・パソコンクラブ出席・パッチワーク展示会を2箇所見に行ったりしてました。
公民館文化祭の投稿は次回にします。
[PR]
by asayannj | 2011-11-17 11:51 | 旅行 | Comments(22)

旅の続きに戻ります

    ☆11年11月11日☆1の6個並びの日 東日本大震災8ヶ月が経ちました。また私が手術して7ヶ月。
昨夜のラジオの話ドイツではこの日に結婚式を挙げるカップルが多くおめでたい日。
お隣の韓国では出産をこの日に合わせる親が多くおめでたい日だそうです。

今朝は雨の日強く降ったり弱くなったりと 大きな道路では車が水しぶきを上げて走る音が聞こえてきます。
さて10月末の旅行の続きに戻ります。
2日目の夕食のバイキングの話で終わりましたが 温泉は群馬県水上温泉郷・上の原温泉 お宿は水上高原ホテル200でした。お部屋はベット仕様で 狭かったです。でも温泉はツルツルで美肌の湯で気持ちよかったです。
途中の新潟県の豪雪地区ではこのように基礎分部が高くして車庫に 玄関は階段を登る。このような住宅が多く見掛けました。福井県も豪雪地帯はありますが このような家の造りは初めて見ました。車窓からの写真でブレてます。
e0085772_953414.jpg
e0085772_9532369.jpg

3日は谷川岳へ ロープウェイへで1321mの空中散歩 晴れてれば紅葉の錦絵が一段と見事ですが生憎の雨057.gifしかも雪がチラチラ降って今年の初雪を見ました。寒かった>< 天神平の休憩所で普段コーヒーなど飲まない連れ合いが 暖かいコーヒーを飲もうと言った。
e0085772_9582711.jpg

晴れてれば更にリフトで上まで登れますがここでリタイアしました。

お昼は土合で 山菜わっぱご膳
e0085772_1043613.jpg


バスは軽井沢へ向かって走ります。旧軽井沢を自由散策。平日というのに多くの観光客。手作りのジャムやパンが有名。おしゃれな店が多く並んでました。軽井沢というだけで高級感が漂ってました。
教会ではカップルが記念写真を撮ってました。紅葉も綺麗でした。
e0085772_101458.jpg
e0085772_10144187.jpg


この日の観光は2箇所で終わり斑尾温泉へ 
後1回有りますのでお付き合いください。

パッチワークではこんなものを 2個目のコーヒーカップ
e0085772_10223512.jpg

3個目のコヒー-カップ
e0085772_10241072.jpg


More食べました~~♪
[PR]
by asayannj | 2011-11-11 11:00 | 旅行 | Comments(18)

山装う

      ☆11月5日☆
旅行の続きを中断します。昨日小春日和に誘われて紅葉を求めて半日のプチお出掛けをしました。
行き先は九頭竜湖高さ128m、堤頂長355mという巨大な「九頭竜ダム」によって誕生した人口湖。岐阜県との県境に位置してます。
「夢のかけはし」 瀬戸大橋のモデルとなりました。橋と湖のコントラストは絶景。桜や紅葉、雪景色などが楽しめます。このように紅葉に彩られた山の美しさを 「山装う」といいます。
因みに 春は山笑う 夏は山滴る 冬は山眠る
e0085772_19143774.jpg

e0085772_19212625.jpg
e0085772_1922236.jpg
e0085772_19234524.jpg
e0085772_19241044.jpg

前日の文化の日は人混みを予想して敬遠。土曜日(5日)はお天気が崩れるとの予報で 平日で人も疎らで静かな風景をじっくり味わうことが出来ました。

この日は午前中はデイホームのボランティアへ 術後10月からボランティアも開始しました。
例年11月は干支作り 10月にボランティアがセット組の準備をして 利用者さんに教えられるように予め作り方を習ってるので 利用者さんにしっかり教えたり手伝ってあげたりして 完成して持って帰ることが出来ました。辰は作るのが難しいそうですが 先生のお陰で簡単で可愛く出来上がりました。
e0085772_19342910.jpg


今日は小雨 柿の収穫をしました。 大きな甘柿1個350g前後あります。
e0085772_1942342.jpg

[PR]
by asayannj | 2011-11-05 19:51 | お出掛け | Comments(20)

旅行2日目

     ☆11年11月1日☆
1並びの日なので11年も加えて日付を入れました。
旅の2日目は ホテルのすぐ裏にあるアルプの里へ 
世界最大級の166人乗りのロープウェイで7分 高山植物の宝庫1000種の花が咲くそうです。
見頃は6~7月で今は大文字草やりんどうを見ることが出来ました。
ロープウェイからは見頃になり始めた紅葉が広がってました。また冬は一面の銀世界が広がって
スキー場となってリフト乗り場が多くありました。
e0085772_22191774.jpg

↑サマーボブスレー 706mを簡単なブレーキ操作だけで大滑降誰でも楽しめます。勿論asayannjもトライしました。面白かったです~(^_^.)
e0085772_22223749.jpg

e0085772_2224387.jpg
e0085772_22253217.jpg
e0085772_22261099.jpg
e0085772_22264928.jpg


アルプの里の次は魚野の里で越後名物「へぎ蕎麦御膳」の昼食へ 蕎麦は美味しいとは思えなかったです。
殆どの人が残してました。蕎麦と天ぷらおにぎりの昼食。食後はお決まりのお土産売り場へ ここは新潟県の魚沼地域「こしひかり」の産地であられが多かったですね。
e0085772_2232229.jpg


膨れたお腹にバスの揺れが心地よくお昼ねタイム中に 次の観光地 豪農住宅 重要文化財目黒邸へ
詳しくはこちらを
e0085772_22425792.jpg

数年前のHN大河ドラマ「天地人」で最終回の舞台となった縁側 直江兼次と殿様の二人が並んでた場面です。
e0085772_22443124.jpg

e0085772_2249154.jpg
e0085772_2250583.jpg
e0085772_22503456.jpg


目黒邸から数分の酒蔵見学「越後ゆきくら館」では10種類ほどの試飲をして お気に入りを買ってきました。

その後西福寺と開山堂へ (曹洞宗)赤城山(せきじょうざん)西福寺は、室町時代後期1534年に開山芳室祖春大和尚によって開かれました。そして、その開山様と曹洞宗の開祖道元膳師様をおまつりする西福寺の開山堂は、江戸末期1857年に、当山23世によって建てられました。
石川雲蝶の終生の大作ともいえる、素晴らしい彫刻、絵画、漆喰細工の数々が施されています。その雲蝶の作品群が、日光東照宮にも劣らない素晴らしいものであることから、またの名を越後日光開山堂と呼ばれるようになりました。

ひっそりとし佇まいのお寺にこのような見事な彫刻が天井に施されてるのには驚きました。
e0085772_2385414.jpg

写真は禁止でしたので彫刻や絵画の素晴らしさはこちらでご覧下さい。

その後バスで山道を長時間走り 群馬県水上温泉へ 夕食は旬の素材を使ったバイキングでした。
私は夕食のバイキングは好きではありません。ゆっくりとした気分の食事がいいです。
しかし何処へ入るの?と思うほど食べる方がいますね。続きは次回へ
[PR]
by asayannj | 2011-11-01 22:50 | 旅行 | Comments(18)

野菜作り、お花、パッチワークとお出掛け大好き!!田舎くらしの中で感じることを気の向くままに


by asayannj
プロフィールを見る
画像一覧