2018年 10月 17日 ( 1 )

白峰温泉と手作りなどなど

前回のブログの記事にしました 国体と身障者スポーツ大会が無事終わり
昨日のニュースでは県外の選手の皆さんが地元に帰られる様子が
ローカルニュースで流れてました。沢山の選手・関係者の皆さん
福井県へお越しくださって 知事に代わってお礼を申し上げます。

私は国体とは全く関わりのない生活でした。知人の方には開会式・閉会式
身障者スポの開会式・閉会式や競技を観戦に数回に行ったりと
とても熱心な方がおられ関心度の差にびっくりでした。

私はと言うと 白内障の術後も落ち着いたので 連れ合いと温泉へ
行先は石川県白山麓に位置する 白峰温泉です。何時もは加賀温泉郷を
主に行ってましたが 気分を変えて山の方へ
白峰は、日本三名山のひとつ白山の麓、平年の積雪が2mを超える
豪雪地帯で、雪とともに生きる独特の生活様式を生み出してきました。

泊ったのは八鵬という旅館。温泉はつるつるでローションをつけたような
肌ざわりの「美肌の湯」気持ちが良かったです。
お料理も美しい四季折々の移ろいとともに旬を味わう四季の味覚。
「白山炭火焼」の素朴で細やかな郷土の味覚を堪能しました。
お肉や岩魚がメインで特に頭から食べられる岩魚が絶品でした。
e0085772_11433498.jpg
温泉グッズの入った巾着袋も可愛いですし 中には可愛い足袋も入ってました。
紅葉はもう少しかな・・ちょっとだけ進んでました。
e0085772_11473901.jpg
白峰は周囲は山にかこまれた豪雪地帯で、稲作は殆ど行われていません。
江戸中期から先進的な養蚕が行われ、その収入により生活に必要な日用雑貨や
海産物を手に入れてたようです。牛首紬という織物が昔から特産です。
現在はとても高価です。
街並みの最大の特徴は、山村でありながら建物が密集して町場のような
景観を形成していることです。
明治中期の紀行文では、白峰について「製糸業が盛んで、警察分署、登記所、
宿、料理店、雑貨店、飲食店、呉服店、芸鼓、消防の施設などがり、山あいとは
思えない集落の賑やかさを称えています」。
重要伝統的建造物群保存地区 土壁と長窓の家が特徴です。一部だけですが
立派な総湯もありました。
e0085772_12000440.jpg
e0085772_12002858.jpg
e0085772_12004893.jpg
話はがらりと変わります・・・
たかが3000円されど3000円
10日にアピタ福井店で特招会があり 連れ合いのズボンとか下着
食品を買って1万を切る買い物でした。3000円毎に1回のくじ引きが
出来 私はガランガランとベルの音とともに特等3000円を引き当てました。
e0085772_12095850.jpg
たかが1000円されど1000円
今度は温泉帰りに立ち寄った アピタエルパ店。
シルバーデーとかで 60歳以上の証明があればシルバー会に入会できて
2000円以上のレシートでガラガラ抽選 1回のガラガラで1000円GET
e0085772_12133309.jpg
最近の手作りからパッチワークではありませんが・・・
小物ばかりを作ってました><。
クリスマスオーナメントと小物入れ
e0085772_12165455.jpg
小物入れ
e0085772_12171321.jpg
今度の日曜日 公民館ふれあい祭りが小学校で開催されます
メンバーで作品を出し合って展示します。私も何点か
出展します。
読んでくださって有難うございました。
連れ合いは8時に大学病院へMR検査。まだ帰宅してません。
朝ごはん抜きだったので お腹を空かして帰ってくるかな。






[PR]
by asayannj | 2018-10-17 12:30 | Comments(10)

野菜作り、お花、パッチワークとお出掛け大好き!!田舎くらしの中で感じることを気の向くままに


by asayannj
プロフィールを見る
画像一覧