タグ:海外旅行 ( 29 ) タグの人気記事

今日はこんなものを。。。

今日も雨が降ったり、ミゾレになったり、曇ったりと落ち着かない
空模様でした。全国の天気図を見て、太平洋側の晴れマークが
超羨ましい~~。
特に外出する予定も無く、明日パッチワーク教室があるため
チクチクを少しした。
あっもう一つお風呂の掃除を念入りにやりました!!そんなに
威張らなくても?そうでしたね(反省)

我が家の玄関ホールに海外、国内へ旅行した時に買ってきた
土産や私の手作りの作品を並べてる戸棚があります。
その中のものを・・・
このオルゴールは2000年にドイツへ行った折に買ったものです。
その頃のドイツはベルリンの壁崩壊後に東西が統一して丁度10年の節目の年、
まだ多くのベルリンの壁が残されてるところもありました。
首都ベルリンは各国の大使館建設や、政府や公共機関、鉄道の建設ラッシュで
活気溢れてました。ミュンヘン、ローテンブルグ、ニュルンベルグ、ハイデルベルク
ドレスデン、ノイシュバンシュタイン城、ライン川下りの観光地へ行きました。
記憶がかなり薄らいでますが機会があったらUPをと思ってます。

このオルゴールは木製です。子供が農作業を手伝う様子が可愛くて買ったもの。
一つ一つがとても丁寧に作られてます。箱に値段が貼ってあったので参考までに
ユーロとドイツマルクの2つが表示されてます。ユーロ=166.12 
 ドイツマルク=324.90となってます。ユーロで換算すると日本円で27,000円
くらいですね。勢いで買ってしまったのですが結構いいお値段。優しいメロディがスキ。(大きさ20cm×13cm)
スライドにしました。
e0085772_20481193.gif


次は更にもっと前のものです。「童っこ人形」(わらしっこ)今を溯ること20年くらい。
当時和紙人形教室へ通ってました。先生が作る童のあどけない人形に惹かれて
何体か作りました。これは最初の作品です。人形には顔(目、口、鼻)は入れません。
シグサで表情を感じるためです。一体の人形を仕上げるには細かい作業が
数多くあり、とても時間が掛かります。和紙は伝統工芸の越前和紙。
何年経っても色褪せはありません。昔からの子供の遊びを取り入れて作りました。
e0085772_21185564.jpg

[PR]
by asayannj | 2007-12-17 21:39 | 手作り | Comments(14)

台湾旅行⑤

今日も暖かい日です。北陸ではこんな日は貴重なんです!!お出掛けもしたい!布団も干したい!厚手の洗濯もしたい!掃除もしたい!畑へも行きたい!
欲張りな日になってしまいます。24日の土曜日は畑仕事
昨日の日曜日は紅葉を求めて県内の山間部へドライブへ
そして今日もお天気でした。さて今日も大車輪の活躍
白菜の漬物を・・・我が家は白菜は作ってません(虫が多く付き手入れが大変)ので毎年11月末にマーケットで白菜をGET。今年は2箱(1箱8個入り)買って二人の共同作業で塩漬け終了。
その後、パンジーの苗を定植、葉ボタンとプリムラの寄せ植えミニシクラメンを鉢植えしたりと5時過ぎまで外での作業に追われてました。すみましたぁ~~やれやれ♪

台湾旅行は今回で最終です。現地で見かけた花の写真をUPします。暖かい国なのでたくさんの花が咲いてると思ったのですが案外花は少なかったですね。その中で
e0085772_19255543.jpg

次はなんとなく理解できる台湾文字 
脚踏車道=自転車道e0085772_19285659.jpg
減火器=消火器 

 
厠所=便所  


   
焼肉店そのまんま




電動玩具=ゲーム機



地球村美日語=日本語塾


日本のコンビニ セブンイレブンはそのまま

便利商店=現地コンビニ

4泊5日の駆け足の台湾旅行でしたが、素晴らしい台湾を見てきました。
台湾は面積3万6千平方キロメートル(九州よりやや小さめ)人口2290万人。主要産業電気・電子。日本との国交は政府間ではありませんが、親日家が多く、治安も良くて安心な素晴らしい国でした。機会があればまた行ってみたいですね。
5日目は台北9:05発の機なのでホテルを6:26発で朝食なし><機内食です。
e0085772_19581298.jpg

関空近くの全日空ゲートタワーホテルが見えます。(このホテルで前泊経験アリ)無事着陸です♪。ブログを見てくださった皆様へ長々となってしまいました(汗)が最後まで見てくださって有難うございました。次回より田舎の暮らしに戻ります。
[PR]
by asayannj | 2007-11-26 20:13 | 旅行 | Comments(12)

台湾旅行④

このところ寒い日が続いてましたが、今日は小春日和の
日になって、外にいる方が暖かく感じられました。
畑でなす、ピーマンなどの始末やタマネギの定植をしたりと
貴重な晴れの日を有意義に過しました。

台湾旅行④は台北市の続きで、「忠烈祠」へ国軍将兵の英霊が祀られており本殿は北京太和殿に倣った中国宮殿式の建物。大きな道路に面して門があり入り口の両側に衛兵が二人瞬ききひとつせず直立不動の姿勢でいました。観光客が衛兵をモデルに記念写真を撮るのを多く観ましたがピースサインをして撮るのはどうかな~
e0085772_2338202.jpg
一時間毎に行われる衛兵交代の儀式が見もの。遠くはなれた本殿まで行進して交代戻って門のところの衛兵と交代高く脚を上げてのキビキビ行進で時間がカナリ要ります。
e0085772_2351020.jpg
次に行ったところは故宮博物館=中国の歴代皇帝が収集した62万点にも及ぶ国宝級の美術品を収蔵展示する、世界四台博物館のひとつ。博物館は3階建てとなって「精華文物ルート」「歴史の長河ルート」「特定テーマ展ルート」となってましたが、あまりの展示物の多さと人混みでガイドさんに着いてゆくのが精一杯で駆け足での鑑賞となってしまいました。館内は撮影禁止でしたので建物の外観だけ
e0085772_23513846.jpg
↑は世界一ノッポな「台北101」101階建ての高層ビル、89Fの展望台から台北市街を一望し、併設の大型モールや地下のフードコートで人気の台湾グルメを満喫と楽しみ方色々の台北のランドマークタワー。希望者のみ89F展望台まで昇りましたもちろん行きましたよ。夜景が素晴らしいかったです。エレベーターは日本製ですね。(TOSHIBA)

食事ですよ~~。お昼の上海点心と夕食の北京料理をまとめてUPします。北京ダッグが出ましたが店の方が改めてスライスしたものを運んできて銘々に食べやすくしてくれました。(中央の円形)
e0085772_052347.jpg
長くなって申し訳ありませんが後1回お付き合いくださいね。(汗)
[PR]
by asayannj | 2007-11-25 00:21 | 旅行 | Comments(16)

台湾旅行③

今日も時折冷たい雨の降る愚図ついた一日でした。
大型店へ買物に行くと、もはや正月のお鏡餅の
陶器で出来たもの等が並んでおりました。
でもちょっと早すぎますね買い求める人は見かけませんでした。

さて台湾旅行③ですね。昨夜のホテルは二人にしては広すぎるほどの大きな部屋で、トリプル用でした。スリッパも歯ブラシ、コーヒーセット、サービスのミネラルウォーターもそれぞれ3人分でした。快適なホテルを新幹線の時間が決められてるため早目の出発で7:30分に嘉義駅へバスは向かいます。バスの中でガイドさんより指定席の切符が配られました。
新しい駅ですピカピカって感じです。自動改札口を通る際に切符を裏側にして入れる(磁気テープのあるほうを上にする)ことが注意することでした。ホームで待つこと20分位で定刻にやって来ました。前の(2)のブログで今年1月開通と書きましたが3月開通が正しかったので、訂正しますね。台北と高雄間345Km最高速度300Kで走り抜ける車両は、日本の新幹線の技術を取り入れた12両編成の700T型。車内販売の女性も売り声も無く静かでした。売ってるものは日本と同じようなものです。
e0085772_22183875.jpg
乗り心地は振動は驚くほど少なくシートをはじめとする設備は快適そのものでした。
e0085772_22295274.jpg
↑台北駅。台北は台湾の首都駅周辺には総統府、台湾民主記念会館を始め政府の主な機関が集まってます。日本人が経営してる古い看板もあります風呂桶が店頭に積まれてます。車窓より
e0085772_22332184.jpg

最初に観光したところは「龍山寺」市の中心部にあります、極彩色の絢爛たる寺廟建築に、観音菩薩や文殊、普賢菩薩などの神仏が祀られあらゆる後利益がある台北市内最古の寺。多くの人が熱心にお参りする姿が見られました。彫刻してある柱は1本の石で作られてありとても凄いものでした。独特の長い線香を頭の上までかざしてのお参り風景、線香の煙が絶えることは無いですね。
e0085772_22442696.jpg

台北の観光はまだ続きます。お付き合いくださいね。
[PR]
by asayannj | 2007-11-22 23:05 | 旅行 | Comments(12)

台湾旅行②

暖かかった台湾から比べると寒さが堪えます。
遂に炬燵を出すハメに><;私は炬燵は好きではありません。部屋が狭くなる、掃除が面倒、埃が立つなどの悪条件が襲ってきます。しかし約ひとり寒がりが。。。主婦は炬燵に潜り込む余裕など有りません。去年は12月1日だったのでそれまでは我慢して欲しかったのですが・・・序でにファンヒーターも用意しましたがまだ点けてはいません。

さて台湾旅行の3日目です。最初に行ったのは高雄市寿山公園「戦争と平和記念館」歴史の傷跡を見て、悲しく辛い戦争の記憶と平和を願う展示が。
e0085772_2294282.jpg


春秋閣(蓮池譚)台湾のパンフでお馴染みの龍虎塔があるところです。湖の回りには、カラフルな建物が台湾の情緒を醸し出してます。
e0085772_22131475.jpg
↑幼稚園児が記念写真を撮ってました。この後民芸店へ寄り、2箇所の史跡を観光、受験の神様に合格祈願の木札が沢山です。日本の絵馬のようなものですね。
e0085772_22161242.jpg
↑は北回帰線標塔これより北部は亜熱帯、南部は熱帯となります。夕陽が綺麗でした。

また食事の写真ですよ・・・・最初は2日目の夕食・台湾海鮮料理*写真文字(二)の上部が欠けてしまいました(汗)
e0085772_2225146.jpg
↑金メダルビールとウーロン茶
三日目の夕食は広東料理です。
e0085772_22332324.jpg
ポストはおまけ・・・3日目は「嘉義」で宿泊でした。明日は台湾に今年1月から開通した新幹線乗車などです~~
[PR]
by asayannj | 2007-11-20 22:49 | 旅行 | Comments(12)

台湾旅行①

11月13日~17日まで台湾旅行をしてきました。
関空より18:55分フライトで飛行時間2時間半で台北空港へ到着します。
離陸後1時間ほどして飲み物(ビール)とおつまみのサービスがあり続いて夕食が出ました。家では夕食は5時半前後と早いので、空腹を満たすことが先になって機内食の写真を撮るのを忘れました><。
メニューは「豚肉の味噌煮込み ご飯添え(玉子焼き/蛸唐揚げ/ゴボウと湯葉の黒ゴマ和え」「ポテトサラダ」「中華麺」「ラズベリームース」「コーヒー」でした。程よい量で美味しく頂きました。
空港では現地ガイドさんがお待ちかねでした。ところが何故か5人が来ない!皆同じ便で到着の筈なのに・・待つこと20分以上で全員集合。遅れたグループは77歳の母親の喜寿記念に息子さん2名、娘さん2名の家族旅行でした。集合場所の勘違いでした~~。
バスで40分ほど走って再び夕食をレストランで。軽食とガイドさんが言ってましたが食べきれないほどの量が・・いきなり食べ物の写真になってしまいました^^.写真は一部です他にも色々ありましたよ~。
e0085772_201131100.jpg
ホテルへは11時ごろにチェックイン1日目の終了です。
2日目はバスで300K走って日月譚へ文武廟(華やかな宮殿式の山門や花鳥と吉祥獣の彫刻が見事で極彩色が眩い)や玄奘寺(お釈迦様や孫悟空のゆかりの寺)を見学。鉢に咲く蓮花が綺麗でした
e0085772_20131430.jpg
e0085772_20134639.jpg


昼食(台湾料理)後200K移動して高雄市へ。
高雄は台湾2番目の大都市人口450万人。先住民族の居住地があります。夕方近くになりましたが、澄清湖観光 直角に曲がった九の橋が綺麗で動・植物園や養蜂所などがあったりと整備されて静かな所でした。早めの夕食(台湾海鮮料理)後は様々な店が並ぶ六合二路夜市を散策。海が近いので魚貝類の屋台が多く出て、観光客や地元の人で大変な賑わいを見せていました。食べ物は不衛生的で食欲は沸きません。食べ物の他、雑貨、鞄、時計などお馴染みの紛い物が所狭しと並んでました。夜市の雰囲気を味わいました。
日中は暑いので夜市は深夜まで賑わい台湾人は夜のほうが元気だそうです。
e0085772_20422437.jpg

夜市散策後「高雄国賓大飯店(アンバサダーホテルへ2日目終了。
[PR]
by asayannj | 2007-11-18 21:32 | 旅行 | Comments(16)

マチュピチュ観光

チチカカ湖に続いて今回は」「世界遺産マチュピチュ
高原列車で終点までアンデスの風景を楽しみながら
行きます。みやげ物店が連なる駅周辺を抜けミニバスで
くねくねした山道を登り詰めると、目の前に突然
「空中都市」が現れる。標高2280mの山の頂上は
あたりは同じような尖った山々、周囲は断崖、はるか下を
流れるウルバンバ川流域は熱帯雨林の繁るジャングル
下からは見えず、空中からしか存在を確認できないことが「空中都市」と呼ばれる。
インカの人々はスペイン人から逃れるために、ここに秘密
都市を作った。かっては1万人もの人々が生活していた
インカの要塞都市も、1911年ハイラム・ビンガムによって
発見された時には、草に埋もれた廃墟となっていた。
主な見所は段々畑、水汲み場、太陽の神殿、皇女の宮殿、神聖な広場、コンドルの神殿と牢獄等などがあります
NHK番組世界遺産紀行で一番人気のあった観光地
兎に角凄い!!素晴らしい!!!
私達のツアーは麓のホテルで一泊するツアーです
翌朝にもう一度正面の山ワイナピチュへ登り頂上から
マチュピチュを眺めることが出来、22名の参加者の
5~6名以外の人は出掛けて行きました。私達は
高山病できついため麓を散策したりしてました。
ところが前夜に大雨が降り駅周辺で崖崩れが起こり
地元の人に数名犠牲者もでました。丸一日足止めと
なって鉄道が動き出したのは翌日午後4時過ぎ、
結局マチュピチュで2泊した。1日の観光が無くなり
夜通し掛けてバスはチチカカ湖へと走ったのです
e0085772_222276.jpg
↑観光パンフでお馴染みの一望できる撮影スポット
e0085772_2229363.jpg
上はレールに落ちた岩。下は昼食のレストランから見た事故の様子。鉄道が開通して線路脇では普及作業の人が見送ってくれましたが、乗客は全員拍手で応えました。懸命な作業で予定より早く開通してくれた感謝の気持を込めて!!

高原列車内では簡単な昼ごはんが出たり、みやげ物の販売が回ってきました
連れ合いが買ったベストです。ポケットが沢山あって、重宝してるみたいです。普段着は勿論、海外へも必ず着て行きますね
e0085772_22392963.jpg

そんなわけでマチュピチュはとても思い出が深い場所となりました。添乗員の懸命な
交渉や連絡、参加者も協力したこと色々と思い出されます。参加者の皆さんお元気でしょうか?

内視鏡の検査結は・・・
[PR]
by asayannj | 2007-06-25 23:13 | 旅行 | Comments(8)

ペルーチチカカ湖

昨日入梅した北陸地方。今日梅雨前線に覆われ
13日振りに纏まった雨が降りました。この雨も
今日だけで、明日は晴れるそうです。
この雨の中公民館で市の健康診査があり出かけました
検診項目は基本検診、肺がんX線検査、胃がん検診を
受けた。結果は2~3週間後に届きます。

久しぶりに海外旅行をUPします
今回は04年4月にペルー10日間の旅行を。

かって南米最大の帝国を築いたインカを始め、
ペルーには紀元前からいくつもの古代文明が
花開いては消えていった。
マチュピチュをはじめナスカの地上絵、
ワラス近郊にあるチャンピン遺跡など、訪れる
旅行者をロマンへと導く、
何千も前の遺跡が当たり前のように佇んでいる
風景はペルーのいたるところで見ることが出来る。
ペルー共和国の面積は日本の約4倍で、
エクアドルコロンビア、ブラジル、ボリビア、
チリーと国境を接している。
年間を通じて殆ど雨の降らない乾燥した海岸砂漠
から氷河の迫り出した標高6000m級の雪山、
ジャングルまで点在する国、一つの国内でコレだけ
変化に富んだ気候、自然を持つ。
時差は-14時間、夏時間はない。
関空を17:30分フライト。
ロス経由でラン・チリ航空でリマへ。
リマ着14:35分約22時間要した
ペルーではリマ市内、クスコ、マチュピチュ、プーノ、
チチカカ湖ナスカを主に観光しました。
その中で今す回は「チチカカ湖」編です
チチカカ湖・標高3812mという高所にあるチチカカ湖。
そこに浮かぶ浮島群は総称してウロス島と呼ばれ、
ウロス族の人々が住んでいます。
浮島は自生する葦(トトラ)で出来ており
漁に使う小舟や家、学校、教会なども葦で作られてます
ペルーとボリビアの国境に位置し
船舶が運航する湖としては世界最高所の淡水湖。
そこには昔から変わらない暮らしがあります。
e0085772_2052249.jpg

ホテル前にあるモーターボート乗り場から心地よい
風を受けながら40分でウロス島へ、
浮島は歩くと柔らかく、絨毯の上を
歩くような感じです。浮島は大小あわせて40ほど
↓写真上は造船所です。
中は土産を売る女性、カタコトの日本語で
私のような年配?の女性には「大きいお姉さん」
若い女性には「小さいお姉さん」「買ってください」と
言います。男性には「買ってください」だけでした
下は無造作に置かれた炊事道具。右端「大きい
お姉さん」が買った葦の舟と壷(木製)
e0085772_2152167.jpg
e0085772_2115189.jpg
葦を乾燥してる風景がきれいだったので。
食べることも出来ます。(白い部分)
展望台どの浮島にもありました。
e0085772_2120181.jpg

とにかく神秘的な湖です!!高山病に罹り食事も
まともに食べることが出来ませんでしたが、一度は
訪れたかったチチカカ湖に行けたことで大満足!!

ペルーの旅では空中都市マチュピチュで崖崩れに
よるアクシデントで足止めされて(日本でも
日本人旅行者が閉じ込められたとの報道があった)
思い出に残る旅行が続きました。
この件はまた次回にでも・・・
貧富の差が大きく貧しい暮らしぶりが目立ちました
フジモリ氏が大統領の頃は貧しい人にかなり支援を
されて貧民層の支持は高く犯罪も減ったそうです。
[PR]
by asayannj | 2007-06-22 22:00 | 旅行 | Comments(12)

立体パッチワーク!?

これは私が作った物ではありません
04年4月に南米ペルーへ旅行した時に
買ったもので、現在は娘の家に飾ってあります
普通のパッチワークとは作り方が違ってますので
自分で立体パッチワークと名付けてみました
魚や野菜、衣類、動物などが貼ってあります
作り方は素朴ですが、とっても可愛いのです♪
e0085772_2023466.jpg

大きさ60×50位

ペルーの子供たち
[PR]
by asayannj | 2007-03-06 21:12 | 旅行 | Comments(10)

神戸よりで~~す♪

神戸にお住まいのTさんより郵パックが届きました~~
先月タイ旅行の土産を送った御礼の品物です。
土産は安物のゴミみたいなものなのに過分すぎるお返しです。
モロゾフの洋菓子セット!!ふんわり、しっとりお味は申し分なしさすが神戸の洋菓子
ハズレは有りません。Tさんどうもありがとう
e0085772_15555128.jpg

Tさんとは96年にアメリカ・カナダへ旅行した時に知り合った
10日間の旅行中何故か私達夫婦がTさんご夫婦と
気が合い食事では何時も同席で4人よく飲んだり、色んな
話をしたり仲良しになりました。帰国日に住所の交換をして
それ以来ずっ~と文通が続いてます。このときはNY市内
ナイヤガラの滝、カナダのバンフ、コロンビア大氷原、
ロス、ラスベガス、グランドキャニオンを10日間で観光した
最初の手紙は96年6月です。それ以来220通のお手紙をいただきました
10年以上の文通です。この間彼女はご主人さんを亡くし、本人も大病を患い入院手術
怪我での通院と色んなことがありましたが、本来の明るい性格で、カラオケ・民謡・スポーツ(特にボーリングは上手)・観劇、旅行へと毎日を有意義に送っておられます
ご主人がお元気な頃は海外旅行へも年何回も出かけられ、外国から届く絵葉書が楽しみでした。現在はお一人で暮らしておられますが、多くのお友達がおられて人気者のようです。そんな中で私の手紙を心待ちしてくれてます。筆まめで月に2通以上戴くときもあり、私はPCを始めてから筆不精に・・月1通ぐらいになって申し訳ないです。兎に角返事が早い!!こちらは何時も手紙を書かねばと焦ってます。彼女は私と一回り以上年齢は離れてますがとても大切なお友達です。
手紙の量が10cm以上。通し番号を付けてますが3月1日消印で220通目
e0085772_16255698.jpg

何時も特殊切手で戴きます。私はこの切手を海外旅行に持って行き、子供達にプレゼントします。とても喜んでたちまち子供に囲まれて人気者になるんですよ
一緒に写真撮ったりしてちょっとした国際交流です。切手だけでなく漢字の消印を入れて切り取ってます。消印は和暦と西暦の2種類がありますが、区別は郵便局から投函すると和暦、ポストだと西暦になるのみたいです。(私が思ってるだけで間違ってるかも)
勿論私も特殊切手を使ってます。

ギョッ!
[PR]
by asayannj | 2007-03-04 17:15 | 生活 | Comments(12)

野菜作り、お花、パッチワークとお出掛け大好き!!田舎くらしの中で感じることを気の向くままに


by asayannj
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る